青汁で生理不順が改善するって本当ですか?

青汁で、生理不順が癒えるって聞くと、「え?あの青汁で?」と思いますよね。
青汁は野菜不足の方がよく飲まれていますが、野菜不足だけでなく、体の健康に欲しい成分が沢山ある飲み物なのです。

青汁はケールや大麦若葉などから作られている飲み物ですが、こういう青汁にはビタミン、ミネラル等、様々な栄養素が入っています。
その中には、ビタミンB6、ビタミンE,亜鉛、鉄分が含まれていて、こういう成分が生理不順を改善するために有効に働いてくれるのです。

ビタミンB6は、女性ホルモンの1つ、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌を助けるビタミンだ。
こういうエストロゲンにより子宮の発育を促進し、生理も順調になります。

ビタミンEは、不妊治療にも使われているビタミンで、女性ホルモンの分泌を促し、生理不順の改善に役立って貰える。

亜鉛は甲状腺の働きを助ける成分だ。
甲状腺ホルモンが一心に分泌されないと排卵が止まってしまう事もあります。
亜鉛は甲状腺の働きを正常にしてくれるので、生理も順調になります。

鉄分が不足すると、貧血になりますよね。
貧血になると冷え性になり、それが生理不順の原因にもなります。

青汁を飲めば、即、生理不順が改善されることはありませんが、あせらずに毎日青汁を呑むため、徐々に体質が改善されて行きます。
青汁には前述したビタミンB6,E,鉄分、亜鉛だけでなく、あらゆる栄養素が含まれていますから、生理不順だけでなく、体内が元気になって行きますよ。

日本の国内メーカーが製造していらっしゃるドッグフードは、無添加のものが多いという特徴があります。
しかし穀物のキャパシティーが多めという点が気になります。
国産のドッグフードについて、メリットとデメリットを紹介します。

<メリット>
・国産の商品からリライアビリティがある…ドッグフードは大切な愛犬が口にするものです。
安全に食べられるものを加えたいと願い国産のドッグフードを選ぶ飼い主さんが多いです。

・安く選べる商品が多い…国内製造なので、輸入のように良い輸送費などがかからず安く提供できる。

・クオリティコントロールを徹底した国内工場で生産しておる…品質に優れたドッグフードを提供できる。

<デメリット>
・穀物中心のドッグフードが多い…海外のドッグフードは肉を中心にしたものが多いのに対し、国産のドッグフードは穀類中心のものが手広く犬にとって必要な栄養素をとりづらい。

・着色料が多い…並べる肉も品質のいい肉ではないため、着色料などで風味をごまかして要るドッグフードも多くある。

・合成着色料を数多く並べるものがある…発がん性があり、アレルギーの原因にも陥る合成着色料の摂取は愛くるしくない。

このように国産のドッグフードを選ぶ一番のメリットは、国内工場で製造して掛かるという精度、大丈夫の高さから安心して得るということです。
しかし必ずしも国産だから好ましいものであるは言い切れないようです。
国産だからというだけでドッグフードを選ぶのではなく、犬の個性、体質、好みなども考えて選んで与えるといいと思います。こちら