加圧レギンスの加圧レベルを比較�A

このように、むくみの状態によってレベルを隔てる事が出来ます。
仮に、「ちょこっとむくんでいるかな?」「脚が疲れたな…」と感じる程度の、小気味よいむくみの時には、約13〜26hPa(または、約10〜20mmHg)の域の加圧レベルを選択して出向く事がおススメです。

中度〜重度というのは、むくみが小さい、冷え性等、症状がつらい場合だ。夕方になると履いてきたブーツがパンパンで履けなくなったり始めるという方は、こちらに当てはまります。

その場合には、約26〜39hPa(または、約20〜30mmHg)の域の加圧レベルの居残る、レギンスを選択して行く事で、むくみの改善が期待できるかと思います。

特に気を付けてほしいのが、夜寝入るときに着用する場合だ。
その場合には、起きている時と比較すると、就寝時は身体を横たえますので、血圧が低下する傾向というのが強くなります。

ですので、出来る限り加圧レベルの乏しいレギンスを着用していく事が大切です。

●まとめ●
仮に、長く使用していたり、加圧のレベルが自分の症状・状態に合っていないレギンスを着用してしまうと、肌荒れを起こしてしまったり、最悪歩行困難や、動脈閉そくを引き起こしてしまうケーので注意しましょう。

何より、いよいよ加圧レギンスを着用するような方は、まずは加圧のレベルを低めの物から試していくようにください。
着用して赴き、物足りなさや、むくみの改善が見られなかった場合には、その上のレベルを・・・というように、自分の体調や脚の状態で変えていく事をおススメ決める。

加圧レギンスを購入する場合には、加圧レベルに注意して出向くという他にも、さらに、ポイントとして抑えておいてほしい面があります。
それがデニールだ。

こういうデニールというのは、思い切りタイツ等を購入する際に表示されている単位なので、馴染があるかと思いますが、これは、糸の太さを表した物だ。

デニールの数字が広くなれば大きくなるほど、加圧の力は良いと判断する事ができます。
勿論、加圧レベルと同様に、デニールの値が大きければ大きいほど良いのかというと、そうではなくて、それぞれの脚の状態によって、おススメとなるデニールは異なっていきますので、以下を参考にしながら、選んでください。

●症状別デニール数●
こちらも、加圧レベルと同様に、症状を3つに分類して解説していきます。

・軽々しいむくみ・・・おススメのデニール数:〜70デニール、目安となる薄さ:ストッキングという薄さ
・中度〜重度のむくみ・・・おススメのデニール数:70〜140デニール、目安となる薄さ:ストッキングよりは厚いけれど、タイツよりは無いもの
・治療に使われていてく医療用・・・おススメのデニール数:140〜280デニール、目安となる薄さ:タイツという物

このように分けて出向く事が出来ます。

むくみとしての症状がまったく軽々しい、なんとなくむくんでいらっしゃるかも・・・と感じるような場合には、デニール数も小さく、70デニールまでの加圧レギンスを選ぶのがおススメです。yokihito-movie.com